旅行に行くなら海?山?それぞれの良さを真剣に考える!

海は夏という考え方はもう古い?

海への旅行をイメージすると「水着買わなきゃ」や「泳げないからどうしよう」などと考えがちです。しかし、海の魅力は泳ぐことだけに留まりません。各種のマリンスポーツは勿論のこと、潮干狩りなどは大人から子供まで安全に楽しみやすい海の遊びです。また、昨今は「海の家」も非常に力を入れている海水浴場が増えています。海の近くで宿泊して、海の家で食事だけするという人は決して少なくありません。また、日本国内を例にとった場合、海にも色々な種類があります。日本海・太平洋・瀬戸内海など、気候や風土の異なる海が沢山あるのです。中には「真夏のビーチに興味がなくても、冬の雪景色の日本海は見たい」と感じる人もいることでしょう。「海は夏!」という思い込みをせず、その奥深い海を楽しむことがおすすめです。

山だから登山というわけではない?

反対に「山と言えば登山でしょう」と考えるのも早計です。山にも色々な種類があって、本格的な登山装備が求められる高さの山から、軽い運動の気持ちで入っても問題の無い遊歩道付きの小山もあります。あるいは、ドライブを楽しめる景色の良い山岳地帯もありますので、車の運転が好きという人にもおすすめです。切り立った渓谷もあれば、広々とした湿地などその景色も様々です。また、地域が異なれば山林の姿が違ってくることに加えて、「山の幸」も大きく異なります。その地域で育てられている牛や豚、地域で栽培されている野菜類、山で取れるキノコや山菜、果物などは、その土地でしか味わえない恵みだと言っても過言ではありません。日本で最も有名な富士山を始めに、標高500メートル以下の山も合わせればより取り見取り、選ぶ楽しみも味わえます。

タビマスターズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です