湯治から観光まで!?楽しい温泉旅行でリフレッシュ

湯治なら長期滞在型の温泉に

国内には、湯治に最適な泉質を持っている温泉が多数あります。湯治向けの温泉の場合、一般の観光客向けの宿泊施設と、湯治客向けの施設をわけている場合があります。こうした温泉では、自炊をして滞在も出来る仕組みになっているので、皮膚病や疾病などの改善に役立てることができます。もちろん湯治に適している温泉が、湯治客専用というわけではなく、一般の宿泊客や観光客に対しても温泉設備や宿泊設備などを提供しています。国内各所の秘湯から有名な温泉地まで、それぞれの症状に適した湯治向け温泉はたくさんありますので、自分にあったものを探して、症状の改善に挑むのも良いでしょう。北は北海道から南は沖縄まで全国に湯治向け温泉が点在しています。

気分転換なら温泉旅行に

仕事の疲れを癒やしたり、ストレス解消のために温泉に出かけるという方は、温泉旅館や温泉付きの観光ホテルなどを予約しましょう。温泉旅館の場合は、一泊二食付きの食事プランを用意しているので、豪華な食事を楽しみつつ旅館でのくつろぎのひとときが楽しめます。温泉旅館ではリラックス出来るように、客室の内装にこだわっていたり、おもてなしのサービスなどが用意されていますから、真心のこもったおもてなしを受けて日頃の疲れを癒やすことにしましょう。温泉旅館のグレードは一泊数千円で泊まれる場所から、数万円の高級旅館まで、予算に合わせた宿泊先が見つけられますので、休みが取れたら、予算内でいける温泉に行って泊まるのもよいでしょう。

観光協会

カップルで旅行に?!気をつけること2選!

大雑把なプラン計画はだめ!?

大雑把にプランを立てるのは辞めましょう。ホテルなどは事前に予約しておくと良いです。直前に宿泊する場所を決めてしまうと、高いところしか空いていないという場合も考えられます。大雑把にプランを立てて、旅行先に行ってしまうと、焦ったりしてしまい、楽しみが半減してしまうでしょうり不満足な結果になってしまわないように、細かく調べて決めて行きましょう。旅行先の行きたい場所を決めたら、移動手段を決めます。移動手段の時刻なども細かく調べておくと良いでしょう。また、交通手段のみではなく、ルートなども調べておくと良いです。迷子になってしまったら、せっかくの旅行の時間が無駄になってしまいますし、行きたい場所の全てに行けなくなってしまうということも考えららます。

女性はすっぴんを見せた方が良い?!

すっぴんは見せた方が良いでしょう。旅館で、温泉に入ってから、化粧をしてしまうと、違和感があります。また、せっかく、くつろげる部屋でも、女性が化粧をし直してしまっていたら、男性もくつろぎずらくなってしまいます。部屋についているプライベートな貸切温泉がある場合、一緒に入浴することもあるでしょう。そんな時も、すっぴんを見せたくないからと言って、化粧を入ったまま入ってしまうと、水蒸気や汗で、汚く見えてしまうこともあります。化粧が崩れてしまった顔を見せてしまった方が、男性からの印象が悪くなってしまう場合があります。すっぴんの方が、綺麗でかわいくみえますし、清潔感があるように見えます。すっぴんで部屋にいた方が、相手の男性もくつろげるでしょう。

観光

旅行ツアーでどんな種類があるの?失敗しないための選び方

ツアーには個人型と添乗員付きのツアーがある!

旅行に行く場合ツアーを利用する事も多いと思いますが、ツアーには大きく分けて個人型の物と添乗員さんが付いているツアーの2種類あるんです。個人型のツアーは、個人で旅行するような気軽な感覚で旅行できるというのが魅力ですね。さらにホテルの手配や飛行機の手配などは旅行会社がやってくれるので、そういった手間が省けちゃいます。旅行先では一人で楽しみたい、でも手続きなどは面倒、そういう方におすすめですね。添乗員付きのツアーは、旅行先でも添乗員さんがついてくれるので、安心して手軽に旅が楽しめちゃいます。観光地を見に行った時、色々な解説も受けられますし、買い物をする時のサポートなどもしてもらえるので非常に便利です。

ツアー会社はどうやって選ぶ?

パンフレットなどを見て、ツアー会社を選んだりすると思いますが、どうしても価格に注目しちゃいますよね。でもこれだけに惑わされるのは失敗の元なんです。最近は最低価格と最高価格を表記する事が義務付けられているのですが、いくら最低価格が安いからといって、最終的にその価格になるとは限りません。その時点ではまだ宿泊先や利用する飛行機が決まっていない場合、価格が安くなる事が多いんです。そのため飛行機の時間を指定したり、ホテルを指定したりすると結局高くなってしまう場合があります。また子供料金に関しては会社によってかなり開きがあるので注意が必要です。特に格安ツアーの場合は、子供料金がなく大人と同じ料金になってしまう事もあるんです。表記されている価格に惑わされないで、自分の旅のシミュレーションをして、それでどの程度の価格になるかまでしっかり見ておきましょう。

旅行写真

デジタルデトックスをして心も身体もスッキリ!

インターネット時代だからこそ?

我々の生活は、インターネットとは切り離せないものになっていますよね。仕事にはパソコンがないと成立しませんし、プライベートではスマホがないと不便だしアプリで楽しめない!という人が周りにも大勢いるんじゃないでしょうか?確かにそれらは生活を便利にしてくれますし。娯楽を提供してくれたり、コミュニケーションツールとして活躍してくれます。でも、その一方でのめり込み過ぎて依存症状態に陥ってしまうことも…!ネットやスマホ依存になるとイライラしたり情緒不安定になるだけではなく、眼精疲労や肩こり、不眠などの体の不調も引き起こしてしまうんですよ!そこでいったんスマホやネットから離れてみるデジタルデトックスが提唱されるようになったのです。

デジタルデトックスツアーに行ってみよう!

スマホなどから距離を置いて過ごしてみることで、心身をリフレッシュさせるデジタルデトックスですが、実際にやってみるとなかなか難しいもの。でも、デジタルデトックスツアーに参加して、同じようにスマホなどに依存している状態の人たちと一緒に過ごすことで成功率がグンとアップするんですよ。海外では多くの人が参加していますが、日本でも開催されるようになっているんですよ。まずデジタルデトックスツアーを始める前にスマホを回収されるのですが、その後は日帰り旅行に参加しているかのような感覚で楽しむことができます。お寺の散策などもあるんですよ。さまざまなワークショップに参加することも出来てしまいます。ちょっとスマホ依存気味かと感じたら、参加してみるといいかもしれないですね。

ホームエクスチェンジ

ハワイ旅行に行ったら、おすすめのバラマキ土産!

小さくてキュート!除菌ジェル

除菌ジェルは、ハワイでお馴染みのABCストアに売っています。日本人女性の手のひらに乗るコンパクトなサイズがキュートなハンド除菌ジェルです。日本ではあまり無い香り付きの除菌ジェル。。香りの種類はパイナップルやハイビスカス、プルメリアなど、ハワイらしい香りが揃っています。さすがハワイだけあって、手に揉み込んだ後もしっかり香ります。色もピンクや水色、オレンジなど様々。ビーサン型や「HAWAII」のロゴが入っているなど、これまたハワイらしいデザインのゴム製の専用ケースを置いているところもあります。お値段は1つ約1ドル。5つ買うと4・50ドルとお得になっていたりしますので、お友達の分や会社の先輩、同僚などにたくさん買っちゃいましょう!

日本でも使いやすい!ミントタブレット

これまたABCマートで売っているミントタブレット。フリスクくらいの大きさの缶にミントタブレットがたくさん入っています。味はフリスクほどミントがきつくなく、スッキリ感はあるものの少し甘みもあります。スースー感がそれほど強くないので、何個も食べられてしまいます。缶のデザインは数種類あり、中にはハワイ出身のバラク・オバマ大統領がデザインされた缶も。1つ2ドルほどですが、6つセットで10ドルなどまとめ買いでお得になっていることもあります。ミントタブレット自体は日本にも馴染みのあるものなので、どんな人にも喜んでもらえそうです。息のエチケットに、会社の営業さんに渡すのもありですね。中身を食べ終わったらピルケースとしても使えます。

キャンピングカー

旅行のポイントでもある宿泊施設!失敗しない選び方とは!

口コミをチェックしよう!

せっかく旅行に行ったのに、宿泊施設がいまいちだったなんて経験のある人も多いのではないでしょうか。ホームページなどを見ているとすごく立派なのに、いざ行ってみると残念だったなんてことも珍しくないですよね。そんなことがないように宿泊施設を選ぶ場合は口コミを見てから決めるといいですよ。口コミは実際利用した人の生の声が聞けるので、その宿泊施設がどんなところでどんな点が魅力なのか、どんな点が問題なのかなど一目でわかりますよね。ただ口コミの場合いいことしか書かない人もたくさんいるので、いいことばかりを書いている人よりも少し気になる点も一緒に書いている人のを参考にするといいですよ。そうすることでより具体的に施設の事がわかりますよね。

日によって料金が違う施設とそうでない施設の違いとは

よく土曜日や祝日の前の日などは、料金が高く設定している施設を目にしますよね。なぜそうしているのかというと、平日は安くしないとお客さんがあまり入ってくれない、又は土曜日などを高くすることで利益をたくさん出そうとしているといった理由があるんですよ。逆に年中同じ料金のところは平日だろうが土曜日だろうがお客さんが来てくれるので、あえて土曜日を高くする必要がないと考えているところが多いんです。その為もしも2つの宿泊施設でどちらにしようか迷っているのであれば、料金が日によって違うところよりも一定のところを選ぶといいんですよ。なぜかというと一定のところは、何らかの魅力がある為平日でもお客さんがたくさん来ると考えられますよね。その為より良いサービスを受けられる可能性が高いんですよ。

旅行ガイドブック

乳幼児と旅行!気をつけたい2つのポイント

なにかと持ち物が増えがち

生まれてきた子どもと旅行に行けるのは楽しい思い出になります。しかし乳幼児を連れた旅行は大人だけの旅行とは異なる大変さがあります。まず、持ち物が増えがちなところが大変です。子どもの衣服はもちろん、おむつや離乳食(ミルク)が必要になるので、しかたがない側面もありますが、ある程度は工夫できることもあります。たとえば、お手ふきとしてウェットティッシュは役に立ちますが、これを水分99%でできているおしりふきで代用する方法もあります。もちろんおしりふきとしても使用します。トイレに流せるタイプだと処分も楽ですよ。また、宿泊先を洗濯できる設備があるところから選んで、衣類やタオル類を最低限だけ持っていくのもおすすめです。

夏の旅行は体調管理に注意

旅行中の体調管理は年代に関係なく大切ですが、乳幼児を連れた旅行では特に大切になります。夏の蒸し暑さは子どもの体力を奪ってしまうので、定期的に休憩をとることをおすすめします。大人と同じように水分補給が大切ですが、ベビーカーを使用している場合は地面からの熱の影響を受けやすいので特にこまめに水分をとりましょう。屋外で過ごす時間が長いときは、日焼け止めも忘れてはいけません。帽子も役に立ちます。やわらかい素材の帽子にすると、荷物としてかさばらないのでおすすめです。エアコンが使用されている空間では安心と思いがちですが、冷えすぎて困ることもあります。そんなときはバスタオルを体にかけると有効なので、ハンドタオルとは別に、少し大きめのタオルを数枚持参すると役立ちます。

世界旅行博

旅行に行くなら知っておきたい交通機関の豆知識

見逃せない「一日乗り放題」などのお得チケット!

自動車で旅行にいかない場合、電車やバスなどの公共交通機関を利用して移動することになるでしょう。そして、もしも旅行先で活発に観光などをするというのであれば、「旅行先の交通機関で利用可能なチケット」を探してみることがおすすめです。例えば、横浜市の運営する地下鉄とバスは、「片方のみの一日乗車券」と「バスと地下鉄両方の一日乗車券」を取り扱っています。これは運営会社が一つなので実現している分かりやすい例ですが、複数の路線や鉄道会社でも利用できるチケットも存在します。あるいは、「施設の入場券とセット」といったものもあるので、ルートや観光先をチェックする時に忘れずに確認しましょう。多くの場合はバラバラで購入するよりも格安になる、見逃せないお得ポイントなのです。

乗り換え時間には厳重注意?!

ルートや時間を決めて、チケットの手配まで考えて旅行に挑んだ場合、思わぬ落とし穴にはまってしまう恐れがあります。それは、「予想外のトラブルによって生じる乗り継ぎの失敗」です。事故などで交通機関が正常に運行できなくなる可能性は、どんな場所・いかなる時においてもあり得ます。遅延して予定通りに進めなくなってしまうならばまだしも、時には「予定していた電車に乗れなくなってしまう」という大きなトラブルに見舞われてしまうのです。都市部に在住している場合、一時間に何本もの電車が発着する環境に慣れていますが、地方の場合は一日に数本しか運行していないこともあります。また、「途中の駅でホームに降りて、駅弁を購入して食事を済ませよう」と思っていた場合、計画が破綻してしまう可能性が高くなるでしょう。それもまた旅の醍醐味と思えばこそですが、あまりカツカツな旅程にすると大変かもしれません。

余暇

長期旅行もこれでバッチリ!荷物を軽くする方法

長期の旅行ほど鞄は軽く運びやすいものを

長期の旅行に行こうとすると得に女性の方はスキンケアや服などの荷物がかさばるし、飛行機に乗るなら重量制限もあってなかなか大変な荷物のパッキング。でも、用意したスーツケースが一番大きいもので5kgほどあるなら既に5kg分の荷物を持っていることになるのはご存知ですか?その分、荷物は減らさないといけませんよね。でももしスーツケースではなく、旅行用バックパックを使用するなら大きさにもよりますが40リットルが入り、軽いもので1.5kgほど。それだけで随分違ってきますよね。スーツケースは片手がふさがってしまい、地面がボコボコなら移動もしにくいですがバックパックなら両手が空き、しかも自分で背負えるでどんな場所もスイスイ歩けますよ。女性サイズなどもあり、好みでデザインも選べるのが嬉しいですね。長期ならできるだけ荷物が軽く、持ち運びやすいものを選ぶと旅行もスムーズで移動も楽でいいですよね。

自分に問いかけ。荷物は最小限に

荷物は何が一番かさばりますか?やはり洋服や靴、化粧品などでしょうか。バックパックが軽いからといって制限ギリギリまで荷物を持ってしまっては、帰りのお土産が入らなくなりますし、重くて歩くのも難しいですよね。背負うことを考えて、多くても15キロ前後に抑えましょう。長期なので洋服が必要かと思いますが、現地で安く可愛いものを調達することもできます。服はできるだけ簡素に、動きやすく着やすいものを選びましょう。どうしても選べない時は、この服がなくなっても大丈夫、と思えるものを持っていくようにしてみましょう。そしてお気に入りのワンピースなどの軽い生地のものを一枚だけ持っていくことにしましょう。一枚あれば、ちょっとしたレストランに行く時、気分がいいと思いますよ。上着も気候を考えて選びましょうね。化粧品は毎日必ず使っているものだけにしましょう。それだけでも随分荷物が少なくなってはいませんか?下着だって毎日手洗いすればそんなにいらないですね。賢く選んで荷物を軽くすれば、移動も自分用のお土産を買うのも楽しくなりますよ。荷物が軽いと足取りもさらに軽く、これで楽しい旅行になりますね。

放浪

荷造りは旅のはじまり!荷物を少なくして、身軽に旅行しよう

荷物を選ぶコツ・詰めるコツ

旅行に行くと決まったら、次にするのは荷造りです。楽しい旅行を思い描いてあれもこれも持っていこうとすると、すぐにカバンがいっぱいになってしまいますね。旅先でショッピングを楽しむためにも、スーツケースには余裕を持たせたいところです。荷物を減らすコツとして、100均の旅行グッズを活用するという方法があります。化粧水・乳液などは、小さなクリームケースに入れ替えればコンパクトになります。かさばる衣類は、圧縮パックに入れて持っていきましょう。多用途なものを選ぶ、という作戦も有効です。例えば、大きめのストールが1枚あれば、カーディガン・マフラー・ひざ掛けなどに使えて便利です。他にも、靴の中に靴下を入れるなど、すき間を上手に利用する方法もあります。

要らない荷物は、思い切ってカット!

もう一つのシンプルかつ重要なコツは、要らないものを持っていかないことです。荷造りの前に、宿泊先のアメニティをチェックしてみてください。バスタオルや歯ブラシは付いていますか?ドライヤーが借りられるなら、持っていかずに済みます。よほどの僻地でない限り、「使うかもしれないもの」は思い切って荷物から外しましょう。品物を現地調達するのも旅の醍醐味です。旅行先で服や靴を買う予定なら、着替えは最小限にとどめて、新しい服で旅を続けるのも楽しいですよね。使い捨てのものや、旅行中に穴が開いてしまった衣類などは、どんどん捨てることでもカバンのスペース確保になります。せっかく旅行に行くのですから、お土産をたくさん持って帰れるようにしたいですね。

バカンス